【キンプリ】アルバム収録曲『マホロバ』の歌詞に神宮寺くん涙!ファンも感激・涙…(音声♪・少クラ7/12)

King&Prince(キンプリ)の1stアルバム『King&Prince』に収録されている楽曲、『マホロバ』の歌詞に温かい秘話がありました!

今回は、『マホロバ』について、ファンの皆さんの感想をお届けいたします^^

キンプリアルバム『King&Prince』収録曲『マホロバ』詳細

キンプリのアルバム収録曲のナオトインティライミさん制作『マホロバ』、皆さんはもう聴かれていますよね~♪

実は・・・『マホロバ』は今回のアルバムの中で、私は1番好きな曲なんです~☻

同じように思っているファンの方も多いようです!

 

その人気楽曲『マホロバ』に、温かい秘話があることがわかりました!

 

キンプリ アルバム曲『マホロバ』とは?

カタカナで”マホロバ”、ナオトインティライミさん制作という二つの勝手なイメージで、私はハワイかどこかの言葉かと思っていました(笑)

ところが日本語の”まほろば”なんです!!

 

ひらがなだったらすぐに日本の”まほろば”が浮かんできたのですが、

カタカナで書いてあり、ナオトインティライミさんと言えば世界中を旅されている方なので、勝手にグローバルになっていました💦

 

【「まほろば」とは?】

1300年も前からある日本の言葉。

「素晴らしい場所」「住みやすい場所」を意味します。

美しい日本の国土とそこに住む人々の心をたたえた古語。

 

「物事が完全であること」などの意味がある「まほ(真秀)」

⇩⇩⇩

場所を意味する接尾語「ら」がついて「まほら」となった

⇩⇩⇩

「まほら」が転じて、「まほろば」や「まほらま」という言葉になったとされています。

 

古事記には、倭建命(やまとたけるのみこと)が、懐かしい故郷のすばらしさをたたえて詠んだ「国ほめ歌」とされます。

⇩⇩⇩

「倭(やまと)は国のまほろば たたなづく 青垣 山隠れる(やまごもれる) 倭しうるはし」

 

意味を知れば知るほど素敵な言葉ですね~!!

 

キンプリ アルバム曲『マホロバ』歌詞

7月7日(日)の22:00にJ-WAVEで放送された、

神宮寺くんと海人くんのナビゲートによる”スペシャル番組”にゲスト出演されたナオトインティライミさんが話してくださいました!

 

『マホロバ』の2番の歌詞、この内容は・・・

ナオトインティライミさんが岩橋くんに宛てたメンバーからの想いを歌詞にしてくださったそうです😢

そして、初めて曲を聴いて涙を流したと神宮寺くんが話していたようです😭

 

そんな素敵な秘話が隠されていた曲だったんですね…

 

以前聞いたことがあるんですが、作詞をする方はダイレクトな気持ちは楽曲の2番に込める方が多いとか。。

ミスチルの桜井和寿さんもそんな話をされていたことがありました!

たしか、デビュー前にナオトインティライミさんはミスチルのコンサートにコーラスとして参加していましたよね~🎶

そんな素敵な作詞をされるお二人、似ているんですね^^

 

【マホロバ歌詞】

King&Prince(キンプリ)1stアルバム『King&Prince』収録曲『マホロバ』歌詞

https://twitter.com→転載

改めて歌詞を見ると、ジーンときますね。。。

キンプリメンバーの気持ちはもちろんですが、ファンの皆さん(ティアラ)の気持ちでもありますよね!!

 

ジャニーさんから・・・ 〈マホロバ秘話真相〉

7月10日、福岡でナオトインティライミさんのコンサートがありました。

コンサートでのMCで『マホロバ』について話していたそうです。

 

キンプリアルバムへの楽曲依頼の際、

ジャニーさんから「休養している岩橋玄樹くんを勇気づける曲を作って欲しい」

と言われて作った曲が 『マホロバ』だったそうです。

ジャニーさん、ありがとう😭

 

実際にコンサートに行かれた方がツイートされていました!

『マホロバ』のさらなる素敵なエピソードを知ることができて、感謝しかないですね!!

ナオトインティライミさんのコンサートでの話をツイートしてくださって、ありがとうございました😙

 

ファンの皆さんの感想

『マホロバ』の歌詞の意味を知ったファンの方で感激して泣いた方もいらっしゃるようです。

ここからはツイッターを覗いてみたいと思います^^

 

 

【キンプリ】アルバム収録曲『マホロバ』の歌詞に神宮寺くん涙!ファンも感激・涙…(音声♪・少クラ7/12)のまとめ

King&Prince(キンプリ)の1stアルバム『King&Prince』に収録されている楽曲、『マホロバ』の歌詞に温かい秘話。

『マホロバ』について、ファンの皆さんの感想をお届けしました。